車検はどこで受ければいいの?【横浜市栄区民向け】

where

「横浜市栄区で車検を受けたい」

「どこで車検を受ければいい?」

 

上記のような疑問にお答えします。

 

車検はどこで受ければいいの?【横浜市栄区民向け】

車検代行は大きく分けて4つの業者に依頼できます。

  1. 整備工場
  2. 指定工場
  3. ディーラー
  4. ガソリンスタンド

 

「どこに依頼をすればいいのだろう?」と悩んでしまうときは、車検代行業者になにを求めているかを明確にすると、選びやすいと思います。

 

具体的には、

  1. 費用の安さ
  2. 整備の質
  3. スピード
  4. 安心感

 

上記の4つを意識して業者を選んでみてください。

 

1、費用の安さ

「とにかく安く車検をしたい」という方は、ユーザー車検をするか、ガソリンスタンドで車検を受けるのがおすすめです。

 

ユーザー車検なら車検で負担するのは、自動車重量税、印紙代、自賠責保険料だけなので、車種によっては5万円以内で車検ができます。

 

しかしながら、かならずしも車検に合格できるとはかぎらないので、整備不良であれば何度も横浜市都筑区にある車検場に車を持ち込まなければいけません。

 

その間に、車検が切れてしまうこともあるので、もしユーザー車検をするのであれば余裕をもって行うといいと思います。

 

またガソリンスタンドも車検の費用が安くなりやすい。

というのも整備を専門にしているわけではないため、整備技術料が整備工場やディーラーと比べて安くなるから。

 

「とにかく安く車検を済ませる」というのであれば、ガソリンスタンドも検討しましょう。

 

2、整備の質

整備技術の質で業者を選ぶのではあれば、もちろんディーラー。

当然ですね。

 

自社で製造している車を修理するわけですから、車の構造を熟知しています。

最近では、電気関連のトラブルはディーラーでないと修理ができないほどです。

 

そのかわり、整備技術料は高くなります。

部品も純正を使用するので高い。

 

目安として、整備工場の車検代の約2倍はかかると思っておいてください。

たとえばアルファードの車検で、整備工場が12万円であれば、ディーラーは24万円。

 

整備の質はディーラーが一番ですが、その分費用はかさみます。

 

3、スピード

「とにかく早く車検を終わらせたい…」という方は1日車検が可能な、ディーラーもしくは指定工場が依頼しましょう。

 

念のため説明をしておきますと、車検を受けるには、

  1. 車検の指定工場
  2. 国が運営している車検場

 

のどちらを利用します。

 

たとえば車検の指定工場であれば、わざわざ車検場まで車を持込む手間がないので、その分だけ早く車検が終わります。

 

1日で車検を終わらせることも可能ですし、土日に車検を済ませることも可能。

 

いっぽうで国が運営している車検場では、土日は営業していなく、車を車検場まで持込む時間がかかるので、すぐには車検が終わりません。

 

しかしながら、車検場を利用したほうが整備の質が高い傾向にあります。

というもの、第三者が車の状態をチェックするので品質が担保されているから。

 

「早く車検を終わらせたい」という要望はよく理解できますが、車検には多額の費用がかかるので、せっかくなら時間をかけてでも確実な整備を依頼しましょう。

 

4、安心感

車は長期で保有する大事な資産ですから、いつもの整備工場や指定工場に依頼するのが安心ではないでしょうか。

 

たとえば事故があったときはいつもの整備工場があると手続きはスムーズです。事故対応にも慣れていますし、なにより安心感がありますよね?

 

またおなじ整備工場等を利用するメリットは、費用にも影響を与えます。

 

というのも、今回の車検で交換すべきか判断が難しい部品があったときに「〇〇さんは次回も来てくれるので、次回の車検で部品を交換しよう」とスケジュールを立てやすいからです。

 

毎回のように車検代行業者を変えてしまうと、まだ不必要な部品まで交換されてしまうことも…

私たち整備士は「次の車検まで安全に乗れるように」車を整備します。

 

交換部品は、使用年数、走行距離等である程度予測ができますから、できるかぎり同じ工場で車検を依頼されてほうがいいと思います。

 

まとめ:もっとも信頼できるところで車検を受けよう

車検をどこで受けるかを決めるには、4つの基準がありました。

  1. 費用の安さ
  2. 整備の質
  3. スピード
  4. 安心感

 

どれを重視するかは、ユーザー様ごとに変わるとおもいます。

 

とにかく費用を重視するのであれば、ユーザー車検をするかガソリンスタンドに依頼。

整備の質や安心感を求めるなら整備工場や指定工場、ディーラー。

1日車検はディーラーか指定工場で依頼できます。

 

車検で必要な書類については下記の記事が参考になります。

車検に必要な資料とは?自動車のどこを点検しているの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です