バッテリー上がりの原因とは?どのようにして電気が消耗されるの?

battery

「バッテリー上がりの原因とは?」

「どのようにして車の電気が消耗されるの?」

このような疑問にお答えします。

バッテリーが上がる原因はたくさんありますが、うっかり電気をつけっぱなしにしてしまう例が多いです。

その他の場合では、バッテリーが上がる予兆がありますので、バッテリーの仕組みをしっておけば、バッテリーあがりも回避できます。

バッテリーが上がる原因とは?

バッテリーが上がる原因はこれです。

  1. ライトの消し忘れ
  2. バッテリーの寿命
  3. 配線の劣化等によるリーク
  4. 長期間乗らないことによる自己放電
  5. オーディオ、エアコン等の過剰使用による充電不足
  6. オルタネーター、レギュレーターなどの故障による、充電不足

けっこうありますよね…

ライトの消し忘れ

ほとんどの場合、ライトの消し忘れでバッテリーが上がってしまいます…

一口にライトといっても、車にはさまざまなライトが備わっていますよね。

外には、ヘッドライト、ブレーキランプ、ナンバー灯、フォグランプ。車内には、室内灯、メーターのランプもあります。

半ドアになった状態で放置してしまったことが原因で、バッテリーがあがった事例もあります…

このように見ていくと、一口にライトの消し忘れといっても、さまざまなケースがあるんですよ。

バッテリーの寿命

バッテリーの寿命は幅が広くて、2~5年と言われています。

どうしてこんなに幅があるかというと、車の使い方によってバッテリーの消耗スピードが違うからです…。

でもエンジンをかけないで、車でテレビを見たり、エアコンをかけたりすることが多い人はバッテリーの消耗が早くなるので寿命が短くなりがちです。

あとで説明しますが、エンジンをかけてない状態で車の電気を使うと、バッテリーの消耗が激しいです。

配線の劣化等によるリーク

運転席の足元を覗いてみるとわかるのですが、車には電気を伝える配線がたくさん詰まっています。

この配線が劣化すると、電気が漏れちゃうんですよね。

とはいえ、配線が原因でバッテリーが上がるケースは少なめなので、気にしなくていいと思います。

長期間乗らないことによる自己放電

たまに車で外出しようとしたときに、エンジンがかからないことがありますよね?

これは長時間車に乗らなかったために、バッテリーが自己放電してしまった可能性が高いです。

バッテリーって、なにもしてなくても勝手に消耗していきます。

バッテリー内で化学反応を起こしてしまうからですね。

あとで説明しますが、定期的に運転をしていたほうが、オルタネーターがバッテリーを充電するので、バッテリー上がりを回避できます。

オーディオ、エアコン等の過剰使用による充電不足

夏はエアコンの使い過ぎでバッテリーが上がってしまうケースが多いです…

エンジンをかけた状態で、エアコンをかければ、オルタネーターで発電された電気をつかうので、バッテリーが上がることはまずないです。

しかし、オルタネーターで供給できないほどエアコンで電気を使ってしまうと、バッテリーの電気も使うことになるのでバッテリーが上がりやすくなります。

夏はエアコンを使いすぎないようにしましょう。

オルタネーター、レギュレーターなどの故障による、充電不足

車にはオルタネーターといって、発電機がついているのですが、このオルタネーターが故障するとバッテリーの電気に大きな負荷がかかり、バッテリーが上がってしまいます。

もっといえば、オルタネーターはバッテリーの充電もしているので、オルタネーターが故障するとバッテリーはすぐ上がっちゃうんですよね…

バッテリーの電気は車のエンジンがかかっていないときに使われます

バッテリーの電気は、車のエンジンがかかっていないときに使われています。

なので、エンジンを切った状態で、エアコンをつけたりテレビを見てたりすると、バッテリーが上がりますので注意しましょう。

一方でエンジンがかかった状態では、オルタネーターが発電した電気が使われるのでバッテリーの電気は消耗しません。しかもオルタネーターはバッテリーの充電もしているので、むしろバッテリーの寿命が延びるくらいです。

しかし、オルタネーターで供給できない電気量はバッテリーの電気を使っています。エンジンをかけていたとしても、エアコンをつけて、電気つけて、テレビ見たりするのは控えたほうがいいですね。

まとめ:一番多いバッテリー上がりの原因はライトの消し忘れでした

バッテリーが上がる原因はこれした。

  1. ライトの消し忘れ
  2. バッテリーの寿命
  3. 配線の劣化等によるリーク
  4. 長期間乗らないことによる自己放電
  5. オーディオ、エアコン等の過剰使用による充電不足
  6. オルタネーター、レギュレーターなどの故障による、充電不足

もっとも多いのはライトの消し忘れです。一口にライトの消し忘れといっても、車にはさまざまなライトが付いているので、確認するのはけっこう大変です。

半ドアに気づかなくて、半ドアのランプがついたまま外出してしまい、バッテリーが上がることもあります。

もっといえば、バックドア付近にある小さな室内ランプがつきっぱなしで、バッテリーが上がることもあるんです…

バッテリー上がりは萎えますので、気をつけましょう。

それでは快適なカーライフをお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です